メインイメージ

横浜の一戸建ての和室

横浜の一戸建てで和室なしを検討する

横浜にこれからもずっと住み続けようと思うのであれば、横浜で一戸建てを建てることを考えてみるといいでしょう。
賃貸に住んでいると、一生涯賃料を払い続けることになりますので、一戸建てを購入して、自分の財産にしておいた方が良さそうです。

そこで、横浜で一戸建てを建てる際に考えてみたいのが、間取りに関してです。
4人家族という事であれば、業者によく提案されるのが、4LDK位の広さといえます。

まずは一階にリビングと一部屋、そして二階に三部屋といった形が多いでしょう。

そこでその一階のもう一部屋として提案されるのがどんな部屋かというと、和室なのです。

その和室ですがどういった目的で提案されるのかというと、来客があった時に通す部屋であったり、両親が泊まりに来た時に泊まってもらう部屋だったりします。ですので、和室というのはあればとても便利なものになると言えるでしょう。

しかし問題は、自分たちにとって本当に必要なものなのかという事なのです。

それというのも、そういった目的のために利用する部屋だとしても、一年間の間にどのくらいの日数を使うようになるかという問題点があります。
もしかすると、一年間誰もその部屋に通すことがないという事だってあるかもしれません。ですので、一戸建てを建てる時には、本当に和室が必要なのかという事をよく考えてみるようにしましょう。

和室なしで一戸建てを建てたほうが、自分たちにとっては好都合な可能性があるのです。

和室なしにすることによって、リビングを広くとることが出来るようになりますし、和室ではなく子供部屋にするという事もできます。

そうした方が、普段からその場所をたくさん使用することが出来るようになりますので、貴重な一階のスペースを十分に利用することが出来るようになるのです。それでは和室なしの場合に来客があった場合には、どこの部屋に通すようにすればいいのでしょうか。

その場合は、リビングで何の問題はないでしょう。普段からいつ誰が来てもいいようにリビングもきちんと片づけておくようにすればいいだけですので、普段から片づける癖をつけておくといいでしょう。

そして誰かが泊まりに来た時などには、二階の部屋を用意するようにしておけばいいでしょう。一年間の間に何日も誰かが泊まりに来るというわけでもありません。
ですので、もしも泊まりにくるというのであれば、急遽二階の部屋を片付けてとまってもらうようにしても、問題ないはずです。

Copyright© 2014横浜で一戸建てをおしゃれに建築するために抑えるポイント色々 All Rights Reserved.