ターゲットは明確に

ホームページ作成をする時はターゲットを明らかにしよう

ターゲットは明確にホームページは自身がどのような事を行っているのかという事を伝える上でもとても有効な手段です。
また、自分が伝えたいと思っている内容を記す事が出来るし、何より様々な画像等も取り入れる事が出来るので、その内容、構成などによっては直接口頭で説明するよりもより理解を高める事も可能だと言っても良いでしょう。

ただどんなホームページでも良いかと言ったらそうではなく、色々な点に注意しなければいけません。
その一つがターゲット層を設定すると言う事です。

例えば、万人向けのサービスの場合であればそういったターゲットを設定する事はなかなかできないはずです。
しかし男性向け、女性向けと言う大きなくくりで表現する事もできます。

また10代から20代向けとか、ファミリー層向け、高齢者向け等でも内容は変わってきます。
同じ物を扱っていたとしても、どんな人が、どんな年代の人がターゲットになっているのかという事によってもホームページ作成の内容や表現方法が変わってくると言って良いでしょう。

例えばティーンに向けての内容と言う事になる場合は、ホームページ作成をする上ではかわいい・きらきらと言うのをコンセプトにする必要が出てきます。
出来るだけその年代の人が好きな物をリサーチする事が重要で、それによってどんな構成にするのか、レイアウトはどうするか等ヲ変えて行く必要があります。

反対に高齢者向けの場合はホームページ作成をする上でも高齢者の写真や感想などを掲載しておくと良いでしょう。
例えば健康食品などであれば分かりやすいのですが、どんな人向けなのかというのが文章を読まなくても見るだけで分かるくらいにしておく方が無難です。

従って、ホームページ作成をする時はターゲットを設定すると言う事が必要となります。
勿論そんな事を設定せずに作成する事もできますが、その場合は一体誰に向けてメッセージを送っているのかという事が分からなくなってしまいます。

勿論そのホームページを見てくれる人はいますが、何度も訪問してくれる人は少ないとも言えるでしょう。
ぱっとホームページを見るだけでどのような内容になっているのかが分かる、誰に向けてのメッセージなのかが分かると言うのはとても重要な事です。

特に現代では時間に追われている人も多く、ぱっと見てどんな内容なのかというのが分からないと最後まで見てくれない人も少なくありません。
目的、メッセージ、内容、何に向けて発信しているかを一見して分かる様なホームページ作成をする事が重要です。